スペースが狭いなら狭小住宅が最適 |占有面積を考えよう

広さの代わりに求める設備

室内

狭小住宅として東京で人気がある物件には二つのパターンがあります。広さがない代わりに家賃が安くて住むのが狭小住宅のメリットなので、ただ安さを求めていくという方向性があるでしょう。東京では狭さゆえに安い物件もあって人気があるのは確かです。しかし、生活をするからには快適な方が良いという声も大きいのが事実であり、その点を考慮してある物件も多数見かけられます。人気がある物件のもう一つのパターンとして、狭い代わりに設備に工夫をして満足できるようにしてある物件が挙げられるでしょう。狭小住宅だからといって住宅設備が満足なものではないとは限りません。必ずしも設備は面積を広く使ってしまうものではないため、人気のあるものを選んで組み込んでいくことによって価値を高めている場合もあります。システムキッチンのように面積を使ってしまうものはなかなか導入が難しいのは確かですが、床暖房のように大半を床に埋め込んだり外に設置したりできるものであればほとんど面積は必要ありません。防犯のために二重ガラスを使用したり、インターホンを設置したりするのも珍しいことではなくなりました。高機能なユニットバスを導入するのも工夫としてよく行われています。このような工夫を凝らして入居者の獲得競争が行われているのが東京であり、狭小住宅を探すときにはよく物件を吟味しましょう。機能の高い住宅ほど人気があるため、繁忙期に退居するのを狙って探すことも東京では大切です。また既に建っている狭小住宅を探すことも出来ますが、狭い土地を所有していて、そこに自分の理想の狭小住宅を建てていくことも出来ます。その際は、家に求める優先順位を決めて建てることが大事です。