スペースが狭いなら狭小住宅が最適 |占有面積を考えよう

狭い土地でも住宅ができる

住居模型

限られたスペースの工夫

狭小住宅は、狭い土地であっても高さを求めた構造が特徴です。これらは3階建て以上の住宅がほとんどで、さらに屋上をベランダや緑地として活かせる工夫もできます。東京は土地の価格が高かったり、土地の広さが限られているところも多いです。そのような東京で、こういう狭小住宅が注目されるようになりました。狭小住宅は、注文住宅を選ぶ手段以外にも、建売や賃貸としての利用も行われています。注文住宅では、いかに広さを出して効率よく生活できるかが設計のポイントとなります。広さを出すためには、一般的な住宅にない工夫が必要です。具体的には、階段は専用のスペースを取るために、あえてスペース縮小を狙ってらせん階段にする方法があります。また、開放感を求めて天井を高くしたり、大きな窓を使用していく方法も狭小住宅ではよく見られます。スペースに限りがあるため、収納や設備に関しても特別な方法を取る必要が出てきます。これらを実現させていくには、狭小住宅を得意とする建築士に依頼するのがおすすめです。東京ではこのような建築士はたくさんいるので、実績などを参考にしながら選んでいくことができます。東京に勤務地がある場合、一戸建てに住むのならば県外で購入をして通勤してくる人も少なくありません。しかし、狭小住宅であれば限られた土地の中で、快適な生活空間を上手く出していけるため、東京でも無理なく住宅を構えることができます。こういった住宅を検討するときは、東京の不動産屋を利用して理想の住宅を手に入れていきましょう。